FC2ブログ


第48回チバキョウカレッジ~外国人へのオモテナシ~

 

11月7日(木)にお笑いコンビの「パックンマックン」を講師にお迎えし、第48回チバキョウカレッジを開催しました。

図1

お笑いタレントの講演? しかも二人でどうやるの?
どんなチバキョウカレッジになるのかイメージできず、期待と同時に一抹の不安も覚えながら、開演の日を心待ちにしていました。

さて、当日
講演とは思えないイントロダクションに呆気にとられ、漫才なのか、真面目なメッセージのなのかと揺さぶられながら、あれよあれよのうちに二人のペースに引き込まれていきました。

IMG_5025-min.jpg

パックンマックンから強く刷り込まれたのは、2つのメッセージでした。
・外国人にはHelloではなく、KONNICHIWAと声掛けしよう!
・「私は英語が話せる」に切り換えよう!
来日した外国人は、日本で日本語を話したいと思っているということ。また、ほとんどの日本人は、自分は英語が話せないというけど、実は英語以外の外国語と比べると、圧倒的に英語を知っているということ。
私たちは英語が「話せない」のではなく、「話さない」だけなんだということに気づかされました。

これらの教訓ともいえるメッセージを聞いたとき、外国人と会ったら「声掛けしてみたい!」という好奇心と、「声掛けしてみよう!」という勇気が湧いてきました。
IMG_5036.jpg

IMG_5030-min.jpg

今回のチバキョウカレッジは、初めて社員が講師選びを行いました。その事務局の苦労の甲斐あって、笑い声の絶えない、素晴らしいチバキョウカレッジとなりました。

◆事務局のNさんコメント◆
これまでのチバキョウカレッジ事務局は、講師と演題が確定した後の運営をしっかり行うことが使命でしたが、今回は企画そのものから任されました。
「コンセプトは?」、「どんな講演を、誰にお願いしようか?」ということから始まったわけですが、そこで随分と悩みました。
コンセプトを「講師と聴講者に一体感が生まれる参加型のチバキョウカレッジ」、「内容も楽しく、為になる講演会」とし、手分けしてリサーチしたところ、パックンマックンの「外国人へのオモテナシ」という講演テーマが目に留まりました。
来年は東京オリンピック・イヤー、きっと皆さんも興味を持って下さるだろうと思い、パックンマックンに講演依頼した次第です。結果は大正解、社外のお客様からもご好評の声をたくさんいただきました。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ